婚約指輪を買わずに他のものを記念にそろえたカップル

婚約指輪の代わりに他の物を贈るカップルが急増中

ダイヤの付いた指輪を渡してプロポーズと言うのはテレビや映画では定番であり、今でも芸能人の婚約会見では左手の薬指に大きなダイヤが光っている事が多いです。しかし現実の婚約は今後の結婚式、新婚旅行、新居に新婚生活等でお金がかかる事が想定されるので、結婚指輪で十分と言うケースが増えています。
そうしたケースの多くは結婚後は結婚指輪を付けるので婚約指輪がもったいなく感じるというのが理由ですが、そうした事をふまえて最近は結婚後も結婚指輪と二連で付ける事が出来る婚約指輪もあります。また指輪以外に他の物を記念に揃えると言うカップルも、急増しています。そうしたカップルには、腕時計やネックレス等身に付けれて実用的な物が人気です。

婚約指輪の代わりの人気の品から変わった物まで紹介します

身に付けれて実用的と言う点で人気の腕時計やネックレスですが、もう一つ裏にイニシャルに記念日、マーク等を入れてくれるサービスも人気を後押ししています。せっかく婚約の記念にペアで購入する物なので、こうしたサービスが非常に喜ばれているのです。
他に婚約指輪の代わりとしてはバックや写真立てもありますが、変わったところで言うと家や車、新居の家具があります。これは身に付ける物ではないですが、新しい家や車、家具に二人の名前と婚約の日付等を彫るのです。こうする事によって婚約の記念に残る上に、結婚生活で必要な物を上手に使ったと言えます。特にカップルのどちらかがしっかりと先を見据えて金銭計画を立てた場合こうした方法になる事が多く、新しいケースとして今注目を集めています。

結婚指輪とは、結婚の証として男女が左薬指にはめるペアリングの事です。また、周囲に自分は結婚をしているという事を知らしめる意味合いもあります。